2018年9月26日 (水)

オーディオケーブル

 
Audiocable_768  
 PCにつないでたスピーカーが悉く壊れたので小型筐体にアンプとスピーカー詰め込んで無理のあるPCスピーカーではなくオーディオ用のアンプとスピーカーを使うことにしたからアンプとスピーカーつなぐためにケーブル作った。
 
 自分の好みとオーディオ用ケーブルに対する方針でOFCなどオーディオ用の特別な線材は使わず、ラインケーブルにはアマチュア無線等でアンテナケーブル用に使う3D2Vを、スピーカーケーブルには電源用の2ミリFケーブルを使いコネクタ類も必要充分なもので出来るだけ安い部品使ったけどラインケーブル2組とスピーカーケーブル1組作るだけで1万円近くかかった。
 
 以前はオーディオをメインの趣味にしてたけど暫く離れてる間にオーディオ界の状況はずいぶん変わってて、かつてはネジ留め端子が当たり前だったスピーカーケーブルにも簡単に接続することが出来るコネクタが使われるようになってるのには驚いた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

まだ々々部屋のリフォーム続行!

   
 自室と隣室間の壁を抜いて二間をつなげるリフォームがほぼ終わって書棚等を壁面に固定しはじめたら壁の様子がおかしいので調べると壁の所々に在る太い柱はマンション躯体の床と天井間に固定されてるのではなく飾り柱であることが判明した。
 戸内の仕切り壁は躯体の床上に置いて躯体壁面に接する部分で固定してあるだけなので二間つなげる前は上から見ると日の字型になってた壁が口の字型になったので長い置き壁部分の剛性が低下したので強く押すと揺れるようになったのだ。

 リフォーム時にけっこう薄い石膏ボードを両面に張り付けてあるだけったのを厚手ベニヤで下張りしたから現状でもまず問題は無いが念のため飾り柱の上端と躯体天井間を補強材でつないで固定することにした。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

旧サイトの移設とリニューアル

   
 ニフティのホームページサービスのシステムが変わったのを機に、旧サイト 『Space Time Factory』 を現行サイトのサーバーに移動するとともにデザイン等をリニューアルしました。
 旧来から同じことですが無料ホームページサービスではURLが長くなるので、現行サイトのサーバーへ移してホームページなど一部ページ名の先頭に判別文字を付加した方がかなり短くなり、何ら不都合はありませんので実施しました。
   
 旧サイトの新規URL

   http://nstf.net/stf.html
   
 なお、新旧サイト間のリンクは煩雑さを回避する意味から双方のトップページ間とトップページ⇒相手方ホームページ、及び双方で共用している日記とブログ、サイト案内ページ、リンクリストページを経由する場合のみとしています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

サイトとブログデザイン変更

   
 niftyのアットホームページが終了したが以前からラクーカンを使ってるのでどうでもいいと考えてたらアクセスカウンターも廃止されたから別の無料カウンターを見付けたものの、デザイン的に合うものが無かったからサイトページ全体のページデザインを変更したついでブログとfacebook、Twitterのヘッダーもサイトに合わせて作り変えてみた。

 
 今迄の色違いだから色変更すれば済むと思ったけどPNGからJPGにファイル形式変更してあったから色変更がうまくいかず結局一から作ることになった。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

ロシア語

  
 最近インストールしてあるアプリにロシア製のものが多くなってきた。

 以前はどちらかというと嫌いな国だったが長年使用してたセキュリティソフトに気に入らないところが出てきたので更新時に新しいものをと探して評判の良いカスペルスキーインターネットセキュリティを使って以来ロシア製だからという理由で避けることは無くなりアプリとしての良しあしのみで選ぶようになった。

 唯一の問題点はカスペルスキーのような日本に現地法人を設けている有料アプリなら取り扱い説明や問い合わせは日本語で済むが、とくにフリーソフトでは日本語対応しているものでも設定等でロシア語が出てくるところだ。

 Google翻訳を利用すれば翻訳するのに問題は無いが技術用語の中には翻訳出来ないものもある。しかし技術用語だとロシア語で使われてるキリル文字を対応するラテン文字に置き換えると意味がわかるものが多いことに気付いたのでキリル文字とラテン文字の対照表を作って手元に置いて使ってる。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

ウェブブラウザ

  
 私が使ってるPCのデスクトップ画面を見てよく不思議がられるのがブラウザの数が多いこと。
 普通はブラウザが不具合起こしたときの予備で3つもあれば充分だが、自サイトが正常に表示されることを確認するためにシェアは低くてもよほどマニアックな者以外が使う可能性があるブラウザは一通りインストールしてある。
  
 最近は新しいレタリングエンジンを使ったブラウザがいくつか出てきてるがこれらはHTML5関連への対応不備のあるものが少なくないので要確認だ。
  
 Win10から標準ブラウザになったEdgeは評判は良くないものの描画に関しての不備は見受けられない。評判が良くないのは一部商用サイトがEdgeで利用出来ないようになってるためだがこれはブラウザ側の問題ではない。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

現行サイトのURL

   
日常的に連絡を取っている方へは既に連絡済みですが、
 『Space Time Factory』
 がオリジナルRCカーの開発から撤退し関連コンテンツを削除して邪馬台国研究と観葉植物、PC関連のコンテンツを中心とするなど大幅変更のため3年前にグループ名とサイト名を、
 『Next Space Time Factory』
 に変えてURLも変更になってます。
   http://nstf.net/
 検索するとSpace Time Factoryの部分は同じであるため現行サイトや掲示板代わりに利用してる当ブログがヒットしますので御覧いただいたら変更されてることがわかると思いますがサイトをブックマーク登録されてる方はお手数ですが変更願います。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

Microsoft Edge

Edge768_2

 Windowsの新しい標準ブラウザEdgeでの自サイトホームページのスクリーンショット。
 HTML5対応だからHTML5のオーディオコントローラーが表示されるのはそのようにプログラムを書いてあるのだから当然だが、コントローラーの地色がIEと同じ黒色なので有難い。背景が黒色の自サイトではコントローラーの地色が薄い色だとやたらと目立ってしまう。
 
 Windows10にアップグレードして一週間経ったが自分のところでは周囲から時々聞こえてくるような不具合は発生してない。
 友人がEdgeでYouTubeを再生すると不具合が生じるというので確認したが正常に再生出来る。おかしいと思って聞いてみたらF11キーを押してもフルスクリーン表示にならないということだったが、EDGEには元々フルスクリーン機能は無いからF11キー押したところで何も起こるはずがない。
 

 YouTubeにはフルスクリーンボタンが備わってるのでそれを使えばきちんとフルスクリーン表示されるから視聴自体に問題は無いが他の殆どのブラウザに備わってるフルスクリーン機能を何故廃したのか甚だ疑問だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

Windows10

  
Windows10768
    
 Windows10に変えてみた。
 本来はWinUpdateで簡単に更新出来るところだが大規模更新の直後だからかMS側のサーバーか非常に込み合ってる様子で何度やっても途中でエラーになるから試しにDVDのインストールメディアつくってやってみたら40分程で完了。
 復活したスタートメニューがタイル状のアイコンが並ぶスタイルに変わった以外はWin7以前と同じようなものになってるので長くWinを使ってるユーザーには使い勝手はよいだろう。
 IEに変わるブラウザのEdgeは操作部を集約してChromeに近いスタイルになっているがいずれIEと完全に置き換わっても大した問題は無いだろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

サラウンドスピーカー


640

 現用PCスピーカー(写真右側)はPCと同時に購入したものでPCで音楽を聴くものとしては何ら不満無いものであったが新たにインストールした音楽再生ソフトはサラウンド機能が充実していてPCもサラウンド対応なので以前使ってたPCスピーカーを引っ張り出してサラウンドスピーカーに使ってみた(左側)。


 はじめはサラウンドスピーカーとして常識的に聴取位置横に置いてみたが横から聞こえる感じが強過ぎたのでリヤスピーカーとしても使ってみたが今ひとつなのでサラウンドというよりはツインスピーカーもつもりでメインスピーカーの横へ少し離して置いてみるといちばんまとまりが良かったので少しずつ離したり近付けたりしながら最適位置を探っていった。

 位置はメインスピーカーから30センチほど離したあたりで決まったがメインスピーカーがかなり小型であるにもかかわらずパッシブラジエタを使って低音が出るタイプということもあって低音の馴染みがよくないので開口部がホーン状になってる低音ポートの直線状の方が下になるよう横置きにして低音が強調されるようにしたところ、手持ちのスピーカーを組み合わせてサラウンド再生出来るようにしたものとしては十二分に満足いくものとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«CPUクーラー交換(修理)