« パソコン工作室 更新 | トップページ | サラウンドスピーカー »

2014年10月 6日 (月)

CPUクーラー交換(修理)

   

640_5

 
 5月に簡易水冷式CPUクーラーの冷却液減少でノーマルに戻して高性能グリスを使って好結果を得るも冷却ファンから異音がするようになり冷却ファンのみ部品が出ないということで同等品を探したところ同じメーカーによる製造と思われる
CPUと接する部分に熱伝導率の高い銅を接合してありTDPは同じながら高さが15ミリほど低くなってる製品を見付けて購入。
   
 全体を銅で作ってあるならともかくCPUとの接合部だけに銅を使うこととアルミとの接合部での熱伝導に些か疑念を感じながらも交換したところCPU温度は交換前と変わらず銅を使う効果が確認出来た。
   
 今回取り付けたところは高さ方向の制約はあまり無いが、小型のPCケースでは15ミリの高さ減少でも取り付けられるか取り付けられないか分かれることもあるので大きなメリットになるだろう。
   
   
 下の写真はファン取り付け側。左がノーマル。右の今回使った製品は接合部のみとはいえ比重がアルミの約3倍ある銅を使うことによる重量調節のためか、多少なりとも表面積を増やすためか中心部を大きく肉抜きしてある。それでもオールアルミの同寸法製品と比べると85グラム重くなってる。

   
640_7

 

|

« パソコン工作室 更新 | トップページ | サラウンドスピーカー »

PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591153/60430002

この記事へのトラックバック一覧です: CPUクーラー交換(修理):

« パソコン工作室 更新 | トップページ | サラウンドスピーカー »